春が、また来る

a woman has blonde hair

春夏秋冬がひとめぐりして、また春がやってくる。その時期に使われるのが「回春」という言葉です。ぐるりと季節がひとめぐりして、ふたたび春がめぐってやってくる、という意味の中国語がもとになっているのです。「回」は、「めぐる」という意味をあらわしているのです。
ところで、このように書くと、「なんだ、回春ってのは季語か何かなのか」と思われるかもしれません。しかしこの言葉が生まれた昔の中国で、四季はオトコの精力の移ろいを意味していました。春や夏の絶頂期が過ぎて秋を迎え、やがて冬が来て、その時期に人生の終わりの時期が重なる、という感じです。回春とは、いったん秋や冬の常態に達してしまった人が、それで終わってしまうのではなく再び春を経験することができる、そういう意味で使われている言葉です。

横浜のお店でやってもらえる回春マッサージは、オトコの枯れかけた勢力を再び盛り立たせる働きがあります。
具体的には、横浜の回春マッサージのお姉さんは男性の精力の源である性感帯を、その優しい手、器用によく動く精緻な指でいじって刺激してくれるのです。このようなマッサージをされると、眠りかけたオトコのエンジン部は再び活発に動き始めます。たとえば睾丸を横浜のお店のお姉さんが優しく揉めば、精のお汁が再びあたたかく流動的になり、アヌスの奥に存在する前立腺を刺激すると、ペニスに力が押し寄せます。つまり勃起が太くたくましく、ティッシュペーパーくらいなら軽く破るほどに屹立し、しかもイッたときの射精量がとんでもなく増える、ということになるのです。